本文へスキップ
黄斑変性症.com

よくある質問Q&A

眼科医に加齢黄斑変性症と言われました。
加齢黄斑変性症(AMD)は、従来アメリカで多い眼病として知られていました。 65歳以上のアメリカ人で4人に1人が黄斑変性症を発症し、その中でも半数程度が失明に至っています。

しかし近年、日本においても黄斑変性症が急増しています。
症状1
【 正常な見え方 】
症状2
【 黄斑変性症の症状 】
網膜の中には「黄斑部」があり、ここは水晶体を通して入ってきた光が 像を結ぶ網膜の中心部です。

ここには光を識別する”光受容体”という円錐形の 細胞が数100万個も存在し、映像を識別しています。
しかしこの組織は、常に光(紫外線)にさらされているために、加齢とともにしだいに組織が破壊され、いずれ画像を認識できなくなってしまいます。
最初の症状は、視界が部分的に欠けたり、ぼやけたり見えます。そして黄斑部の変質が進んで行くと、視野の欠落が大きくなり、やがて失明してしまいます。
”新生血管”とは何ですか?
黄斑変性症は、萎縮型滲出型に分けられます。

”萎縮型”の特徴は、黄斑部の細胞が老化して萎縮することにより発生します。症状の進行は比較的遅いのが特徴です。
この新生血管は壁が薄いため非常にもろく、すぐに破れて出血してしまいます。

”滲出型”の特徴は、急速に進行が進むため、処置が遅れると失明の危険性が高まります。
黄斑変性症は治療で治りますか?
黄斑変性症は、原因が様々なので特定することが困難とされています。 したがって、決定的な治療法は確立されていないのが現状です。
どのような手術法がありますか?
黄斑変性症は現在、以下のような手術が行われています。
1.レーザー光凝固術
レーザー光で新生血管を焼き固める方法。しかし、新生血管が黄斑部の中心にある場合、危険を伴うため使用できない。
2.脈絡膜新生血管抜去術
発生した”新生血管”を直接除去する方法。しかし、周囲にある組織を損傷してしまう危険性がある。
3.黄色斑移動術
黄斑部の中心を外科的に移動させる手術。視力を回復することはできるが、物がぼやけたり、二重に見えたり、網膜剥離などの合併症を起こす危険性をもつ。
他にどのような対応策がありますか?
黄斑変性症の原因に「活性酸素」があります。
ですから、この活性酸素を発生させないような食生活、 そして生活環境を改善することが大切です。
個人差もありますが、食生活を改善たりサプリメントを摂取することで予防、改善された方は多くいらっしゃいます。
目の栄養素
「黄斑変性症」を解決する方法とは?
目のトラブル
様々な”眼病”や対応方法など、目にトラブルを持つ方必見の最新情報を無料でお送りします。
【今すぐご登録ください(無料)】
◆お名前
◆e-mail

▲ トップへ戻る