黄斑変性症とは

1.目の病気 黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)

現在アメリカでは、黄斑変性症による目の病気で多くの人が視力を失っています。 日本では、「糖尿病性網膜症」が失明原因として最も多いのですが、 最近では50歳代から増加し始め、高齢化と共に急増しています。



黄斑変性症という目の病気と症状

その特徴は、見ようとするものがゆがんだり、 中心部がぼやけてしまい、視界が狭くなります。

両方の目で見ると、あまり気にならないことがあるので、 必ず片目づつで確かめます。 眼中の「網膜」から出血が多い場合、見え辛くなる範囲が大きくなり、 さらに進行すると、徐々に視力が低下 してきます。

正常な見え方

【 正常な見え方 】

症状の見え方

【 悪化した症状 】

・ 視界がゆがむ
・ 視力が低下する
・ 視野が部分的に見え辛くなる
・ 周りは正常だが、見ようとするものが見えない

【ここで簡単にチェックをしてみましょう】

「黄斑変性症」のチェック方法

チェック方法
読書をする距離で、片方の目だけで中心の点を見る。
(老眼鏡を使ってもOK)
1.部分的に線が曲がって見える
2.部分的にゆがんだり、ぼやけてる
3.格子が部分的に欠けて見える

いかがでしょうか。左右それぞれチェックした結果、 1つでも当てはまる事項がある場合、黄斑変性症の可能性があるので、 眼科の診療を受けてください。



中高年層に増え続けています

黄斑変性症の症状は、50才を過ぎたころから見られ、 60〜70代が最も多い眼の病気です。 いままで何の病気もかかったことがなく、 視力も良かったのに突然発病した、という例が多くみられます。

この眼病は、老化が原因の現象です。 アメリカにおいては、失明原因の一位となっていましたが、 政府あげての対策が功を奏して、改善に目処がついています。

また男性の発症率が多く、女性の約2倍もあると言われてます。


年代別発症率

年代別発症率

(200床以上の病院対象 1989年厚生省調べ)



黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)とは?

原因としては、目の網膜の中心部にある、 直径2ミリの「黄斑」部が、老化により機能が低下するために起こります。 これも2種類あって、「萎縮型」「滲出型」 があります。

「滲出型」は、栄養を取り次ぐ網膜色素上皮細胞が老化して、 「新生血管」 が発生します。この新生血管はもろいため、 すぐに破れて網膜色素細胞の機能をこわしてしまいます。

この出血を繰り返すことで視力が大幅に下がり、放置しておくと視力を失うことがあります。

○ 「乾燥型」加齢黄斑変性
高齢者に発生する視力低下で、黄斑部・網膜が変色する症状です。 この原因は、動脈硬化による血流の低下と考えられます。

○ 加齢性黄斑変性症の種類
1.乾燥型(萎縮型)
2.滲出型(新生血管型)