黄斑変性症

視界がゆがんだり欠損して見える「黄斑変性症」
という目の病気が急増しています。当サイトでは、 黄斑変性症の原因、改善方法を紹介しています。

1.黄斑変性症の症状について

視界が部分的にゆがんだり、曲がって見えたりしていませんか?ここでは黄斑変性症の症状や特徴について説明しています。

2.発生のメカニズムと、対応方法

黄斑変性症が発生する「原因」とその「メカニズム」、そして黄斑変性症の対応方法などについて詳しく説明しています。

3.最新の手術方法について

現在、眼科にて行われている手術(レーザー手術など)での対応方法を説明します。

4.よくある質問Q&A

黄斑変性症(AMD)について寄せられた様々なご質問にお答えしています。
 


◆お名前


◆メールアドレス/PCのみ

目に役立つ話

黄斑変性症という目の病気

黄斑変性症という目の病気が最近増えています。
黄斑変性症とは、アメリカで失明率No.1の目の病気で、
日本においても着々と黄斑変性症の患者数が増えています。
これは、生活環境や食生活の欧米化などが指摘されていますが、
なかでも”活性酸素”が黄斑変性症の大きな原因とされています。
黄斑変性症は、眼球内に新たな血管が製造(新生血管)され、
これが破れることにより出血し、視神経にダメージを与えること
により起こります。メカニズムはガンと似ている訳です。

そのため、治療する場合、この新生血管の発生を食い止める必要
があります。それと同時に、目に活性酸素を発生させないことが
重要です。

現在、様々な治療法があります。レーザー治療にも数種類あり、
入院が必要なものから軽度ですむものもあります。
しかし、加齢黄斑変性症とも呼ばれているため、加齢によって
誰もが引き起こす可能性を持っています。

黄斑変性症の症状は、見たい部分が歪んだり欠けたりします。
少しでもおかしいと感じたら、なるべく早い段階で眼科にて診察を
受けましょう。



project house corporation