目の病気 ”黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)”

視界がゆがんだり欠損して見える「黄斑変性症」
という目の病気が急増しています。当サイトでは、 黄斑変性症の原因、改善方法を紹介しています。

-

1.黄斑変性症の症状について

黄斑変性症の症状は、50才を過ぎたころから見られ、 60〜70代が最も多い眼の病気です。 いままで何の病気もかかったことがなく、 視力も良かったのに突然発病した、という例が多くみられます。

視界が部分的にゆがんだり、曲がって見えたりしていませんか?ここでは症状や特徴について説明しています。
-

2.発生のメカニズムと、対応方法

眼中の「網膜」にある毛細血管が目詰まりすると、血液が流れなくなるため、 網膜細胞は酸素と栄養が不足し、新しい血管を生じさせます。これが「新生血管」 と呼ばれ、黄斑変性症の原因となっています。

その他、発生する「原因」とその「メカニズム」、そして対応方法などについて詳しく説明しています。
-

3.最新の手術方法について

黄斑変性症は主に「萎縮型」と「滲出型」があります。ここでは、現在眼科にて行われている手術(レーザー手術など)での対応方法を説明します。
-
4.よくある質問Q&A
多くの皆様から寄せられた様々なご質問にお答えしています。
必要な栄養素とは
目に役立つ話
スマホサイトはこちら
枠
project house corporation